FC2ブログ

ベートーベンのメッセージ

つれづれの英語エッセイ
10 /02 2017
ベートーベンの曲が好きなので、英語で書いてみました。


It was a message from him. "I understand you. I know how hard your life was. I know how much you made effort. Now, don't worry. I know you can stand up again and step forward." It made me cry and cheered me up.
It was the string quartet no.15 by Beethoven. It composed in 1825 and came to me. I received his messages of music. You might be receiving his messages one day somewhere or might have gotten them already.

それは彼からのメッセージだった。
「君のこと、わかるよ。大変だったね、とても努力したのも知っている。もう心配しないでいいんだよ。君が立ちあっがて前に一歩進めるって僕にはわかる。」私は泣いた、そして元気になった。
そのメッセージとは、ベートーベンの四重奏曲15番である。(15番第3楽章)
1825年に作曲されて、わたしのところに来た。そう、わたしは彼の音楽のメッセージを受け取ったのである。
あなたもいつか受け取るだろう、いや、もうすでにどこかでもらっているかもしれない。

Beethoven wrote more than one thousand and six hundreds. It is said because he was a deaf, he had to write messages for communication and also there was no tools other than letters to send messages. You might have learned at school about his famous letter, "Heiligenstädter Testament”.
ベートーベンは1600以上の作品を作曲した。彼は耳が聞こえなかったので、字を書いて会話していた。しかもその時代には手紙以外、メッセージを伝える道具もなかった。あなたは学校で、ベートーベンの有名な「ハイリゲンシュタットの遺書」について習っているかもしれない。

Nowadays, it is said that generally, especially among young people, they text more than one hundred a day.
I'm not exceptional either. I'm not young but I text my friends quite often.Now, I think how much I cherish the words, choose and write them when I send to my friends.

近頃は、一般的に言われていることだが、若い人は1日に100以上メールをやり取りする。私も例外ではなく。若くはないが、かなり頻繁にメールを送る。
今、思う。友人にメッセージを送るときに、その言葉を大切に考えて選んでいるだろうか。

***********
この私の拙い英語を、イギリス人が添削・校正してくれました。いやはや・・・美しい文になりました。

I was hearing a message. It was from him, to me, it seemed. In the message, he said "I understand you. I know how hard your life was. I know how much effort you've made. Now, don't worry. I know that you can stand up once more and go on." It made me cry, and it cheered me up. But this message was no letter; it was the Quartet in A minor by Beethoven. It was composed in 1825. But through the endless years it came, at last, to my ears. I received his messages of music. You might receive his messages one day, somewhere; or you might have heard and enjoyed and understood and been healed by them already.

Beethoven wrote more than 1,600 messages. It is said that, because he was deaf, he had to write messages for communication. Besides, in those days there was no other means to send a message than to write a letter. You might have learned in school about his famous letter, "Heiligenstädter Testament”.

Nowadays, it is said that a young person sends more than a hundred texts a day. Unlike Beethoven, I'm not an exceptionally prolific sender of messages. Nor am I like those young people with their faces glued to their phones. But, even so, I do text my friends quite often. And I think how much I cherish those words, both sent and received, that have been carefully chosen and carefully written. And either sent from a friend to me, or sent by my hand to a friend. Each message a few delicate and pleasing and healing notes like humble, personal, little string quartets.

最後の部分は書き足してくれました。
今、思う。私が書くときも相手からもらったメッセージも言葉をどれだけ大切にしているだろうか。
それぞれは(私からの、と相手からのメール)、
この控えめな、そして自分の、小さな四重奏のように
優しく、喜ばしく、癒すような言葉になっているだろうか。

*********

読んで頂いた方に心より感謝いたします。
ありがとうございます。

お時間あれば、
四重奏15番第3楽章をぜひお楽しみください。
本当に美しいです。

17:42~









9月22日に生まれたもの

つれづれの英語エッセイ
09 /22 2017
今日の私の誕生日に

ふと思うこと。

過去の9月22日に生まれた生物は
地球上にどれだけいるのだろうか。

今日の9月22日に誕生した生物は、
人間か動物か魚か花か樹か昆虫か、蛇かカエルかクジラか・・・?

確認してみたい。
数えきれないと思うけど。

それぐらい壮大なことを妄想すると、

あれ、私って
小さくてまだ子どもみたいね、かわいい生き物やん

と思える。

ラッキー。



地球規模から見ると
本当に小さな私だけど、
大きな「愛」という気持ちは
持っている。

「愛」について書きました。
「川のように」というタイトルですが、
美空ひばりの歌ではありません。(笑)


Like a River

People say that life is like a river. Some are long and others are short. Some are wide and others are narrow.
One day, rain waters the river with beautiful, quiet drops
Another day, rain destroys the river with tremendously fierce power.

My river,
I was narrow and running hastily. I seemed to be very energetic and ambitious.
Sometimes the fish inside might have been hurt by the strong stream and no one came by for water.
One day, I almost became dry and looked up to the sky and cried, asking for water.
Next day it didn’t rain. A small bird came from somewhere and asked for water even though I was going to die.
I endured and stayed there to help the life of the small bird. It became cheerful and flew away.
I was almost faint and looking at its beautiful back. It was as if I had a dream.
Three days later, it finally rained.
It watered my thirst and washed away my arrogance, tiring and sadness.
The pure drops wrapped around me softly and tenderly.
I got my life back. and heard the small bird's whispering in my ear.
"To live is to give your love out and let others in."

I’d like to be a river at which a small bird or a big eagle would take a rest, ask for some water and fly away and come back again if necessary.

Where there is love, I'll be there.

このエッセイを書いている時、頭の中で自然とこの歌が出てきて涙が出そうになりました。
55過ぎて、涙もろくなりました。


9月22日に生まれたすべての人、生き物、そして
私自身にこの歌を贈ります。おめでとう、愛しているよ。




歩き方

つれづれの英語エッセイ
09 /19 2017
The feeling of fear comes up once in a while.
It's the fear that I might forget how to walk.
I think I spend too much time using the computer.
What I’m doing today is sitting at the desk or on the toilet in the bathroom.

ときにその恐怖の感情は来る。
もしかしたら歩き方を忘れるのではないかという恐怖。
パソコンしすぎていると思う。
今日、私のしていることは、机の前に座っているか、トイレで座っているかだ。


↑私の原文を
アメリカ人が自然な表現で書きなおしてくれました。

Occasionally, I'm struck by the fear that I might forget how to walk.
I think I spend too much time on the computer.
I've been either sitting at my desk or on the toilet all day.

いやはや、シンプル!

あ~もう
私のヘンな英語・・・
ダメだ。できていない。

しかし、
そりゃそうですわね・・、

できませんわね。

考えたら、
逆に
アメリカ人が
私のような自然な日本語の文を書けるのかっていえば、
書けないですよね、たぶん。

だから、


くじけるな、私。

前向きに、私。

前を見て歩け、

頭の後ろに目はついていない、前についている。





お客様

つれづれの英語エッセイ
09 /18 2017
久しぶりにその若い男性から
電話がかかってきた。

昨年の夏、インターネットで知り合った男性。


It's been a long time since I heard his young voice on the phone.
We met online last summer.
He is a Vietnamese, 21 years old and learning electronic engineering at university in Japan.
The classes are taught in only Japanese, so he has to learn Japanese too.
In his Japanese class, his essay was checked and drawn the red lines under which he wrote wrongly.
He didn't get the meaning of the mistakes or the correct words.
So, he needed my help.

彼は21才のベトナム人。日本の大学で電子工学を勉強している。
授業は全て日本語で行われるので、彼は日本語も勉強しなければならない。
彼の日本語の作文が、採点され、間違ったところに赤い線が引かれたのだが、
その間違いの意味も正しい言葉も彼はわからなかった。
それで、私に電話してきた。




ま、そんな用事です。

お姉さん、食事にでも行きませんか
の、電話ではありませんでした。

「お姉さん」とは、私も厚かましく言ってしまいました。。。
彼の母親より年上かもしれないのに。
いや、
自分で言うぐらいは許してもらいます。
もう誰も言ってくれないので。
悪しからず、御免。

すみません、
やっぱり、訂正します。
私は、
彼の日本語の勉強を手伝っているオバサンです。

そして
日本語の作文の説明のあと、
彼が面白いことを言いました。

The ticket machines at the station in Japan are interesting.
When I put the ticket in it face down, I mean, put the black side up,
It came out face up, the white side up. It reversed.
Then I put it face up, the white side up.
It came out face up.
Always the ticket comes out face up no matter which side I put.
Then I Googled it why it should be needed to reverse each time.
I found the explanation which said,
”お客様を喜ばせるためです”
What does it mean?

日本の改札機は面白いですね。
切符を下向き(裏)に入れた時、
つまり、黒い面を上にして入れた時、
白い面が上向き(表)になって出てきました。
ひっくり返ったということです。
そこで、上向きに入れてみると上向きのまま出てきました。
どちら側を上にしても、上向き(表)に出てくるということです。
この理由をネットで調べました。
すると
「お客様を喜ばせるためです」という説明を見たんです。
どういうことですか。





機械が読み取るために、切符をひっくり返しているって
中学生でもわかります。

「お客様を喜ばせるため」
って、何のこと?

笑いを超えて、不思議の世界です。

その説明を書いた人さんよ、

そんなに強調しなくても
日本は世界一丁寧な接客ができる国です。



海外のニュース番組で、日本の学校では生徒が教室掃除、給食の準備をすることを紹介しています。
ここからすでに「美」「丁寧」「協力」の精神を育てていると思うのです。接客業のためではありません。
この教育は続けてほしいです。
私の欧米人の友人は、びっくりして、これって本当?って聞いてきました。

終わりはいつだったか。

つれづれの英語エッセイ
09 /06 2017
I don't know when they stopped their lives.
When did the buzzing of cicadas finish?

They must have finished at the same time one day but
I can't remember if it was yesterday or three days ago.
My days must have been noisier, more annoying than them.
I won't complain about their sound next summer.


その命はいつ終わったのか知らない。
蝉はいつ鳴くのを止めたのか。

彼らはある日同時に終えたはずだが、
それが昨日だったか、三日前だったか
思い出せない。
自分の日々のほうが騒がしく煩わしいかったのだろう。
来年の夏は蝉の音に不満を言うまい。









Hanji ちずこママ

ふつうの人です。よろしくね。
英語で何かするのが好き。人の考えを聞くのが好き。Talking with people all over the world is fun and you can learn something new from them, telling what you know to them as well. That's the reason I can't stop learning English.