Taylor Swift の二つの心配。 It could ・・・かもしれないのよ。

動画で勉強
08 /15 2017
ウニとは・・
高級食材である。
そして
その姿は少々怖い、海の生き物。


アメリカに
ウニを異常に怖がっている有名人がいます。

Taylor Swift
テイラースウィフト というアメリカ人女性歌手です。

第52回グラミー賞年間最優秀アルバム賞を史上最年少で受賞
2回受賞は女性初の快挙。
2015年東京ドーム公演では2日間で計10万4千人の観客を動員しました。



彼女は、ウニ恐怖症であることを、TV番組で告白しています。

司会者のエレンはコメディアンでジョークが抜群。

以下はEllen Show の会話です。



司会者エレン: Let's talk about your fear of seaurchins .ウニが怖いんですって?

テイラー: Don't even see urchins ウニなんて・・もう・・見るのも


エレン:They're on rocks, and they're spiny-looking.
The poor things are just minding their own business.
ウニは岩にいて、見た目はトゲトゲしてるけど、
ただかわいそうに自分らのことだけ考えてるだけよ。



テイラー:Taylor: If you knew what seaurchins were,
you would be terrified of them.They're like a grenade.
もし、ウニの正体がわかれば、恐ろしくなるわよ。
それは手りゅう弾みたいなものよ。


The water is so beautiful. You're walking.it's clear water
but you can't see seaurchin is right there and
you step on one and it has barbs.
and it goes into whatever it touches、
とても美しい透明の海の中を歩いていて、
あなたは、ウニがすぐそこにあるのが見えないの。
そして踏んでしまう。
ウニは針をもっていて、さわったところどこでも その針が入りこんでくるの


and you have to go to the emergency room
and it has to be surgically removed.
You could lose your foot,
You could lose your hand.
You could lose your hand trying to get it off your foot.
そして、あなたは緊急オペ室に行って外科手術で、取り除いてもらわないといけないの。
足を失うかもしれない、
手を失うかもしれない。
だって、足に刺さったのを抜こうとして手もやられて、

失うかもしれないのよ。


'Cause, I don't want't to go near clear water.
だから、きれいな海には近寄りたくないわ。
 
エレン: Just murky water. 濁った海だけね。

テイラー: Yeah・・・ ええ・・


これで、仮定法のcould のニュアンスがわかりました。

テイラーの二つ目は、逮捕恐怖症です。でっちあげ恐怖症とでも言いましょうか。
その話では、would がひんぱんに出てきます。勉強になりますよ。

その動画はこれ。
右下の車輪または四角をクリックすると英語字幕が出ます。




英語学習しているようだが、

「徹子の部屋」を

見ているのと同じ・・・


葉っぱ














スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

ちずこママさん、こんにちは。

すごくおもしろいです。
そして、勉強になります。
could とwouldの使い方は、私は、苦手なので勉強になります。

お返事です。

Sara2さん、
笑ってもらえてうれしいです!
学生のとき、仮定法とか、would とか、couldの違いなんて日本語で説明されても全然わかりませんでした。
English native speaker が話しているのを聞いて
そういうことか!って
わかることが多いですね。
コメントありがとうございます。

sushi

すしなら、
I like sushi very much.

Re: sushi

私も!
Me too!
Thank you for your comment.

ちずこママ

ふつうのオバサンです。よろしくね。
英語で何かするのが好き。読む書く話す聞く見る。人の考えを聞くのが好き。Talking with people all over the world is fun and you can learn something new from them, telling what you know to them as well. That's the reason I can't stop learning English.