電話1.英語エッセイ

つれづれの英語エッセイ
06 /10 2017
何の話?

でも、読んであげようと思った、

あなた様。

絶対、今日いいことがあります



ように、願っている、ちずこママです。

****

電話について英語のエッセイで書いてみました。
しょうこりもなく。(これ、英語でなんというのかしらん?)


スティビー・ワンダーは、言いました。
「I love you. を言うために電話したんだ」
彼は、家の固定電話でかけたにちがいないし、
あるいは、仕事に行く途中、公衆電話から、かけたかもしれない。

Stevie Wonder said,
"I just called to say I love you."
He must have called from a fixed telephone in the house.
Or it might been from a pay-phone on the way to work.

うずまき貝





アメリカ人に添削してもらいました。

家の固定電話=a land line

へぇー!
land 地面 土地!

ま、確かに電話線は、地中あるいは地面上にあります。


公衆電話も public phone って言って、恥かいたことあります。

有料なので、pay phone です。

ああ、

電話の単語ぐらいでも

英語の考え方。。。

a land line も a pay phone も

その器具も言葉も

消えていくんでしょうかねぇ。

このエッセイの続きは、また次回あります!





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ケータイ

ガラケーは「ガラパゴス携帯」、スマホは「スマートフォン」、どちらもケータイ「携帯」だけど、国によって言い方は異なるよね。

Re: ケータイ

コメントありがとうございます。ガラケーのパカパカ開ける携帯を a flip phone とアメリカ人が言ってました。私のガラケーを見て ”Are you using the flip phone?" ってびっくりしてました。

ちずこママ

ふつうのオバサンです。よろしくね。
英語で何かするのが好き。読む書く話す聞く見る。人の考えを聞くのが好き。Talking with people all over the world is fun and you can learn something new from them, telling what you know to them as well. That's the reason I can't stop learning English.