知っていたのに知らなかった。

つれづれの英語エッセイ
01 /25 2018
The word I knew and didn't know.
知っていたのに知らなかった言葉

In an American TV show, a man said at the hospital, "My insurance is balking at the bill."
I didn't know the word "balk" so I looked it up the dictionary.

アメリカのTV番組で、ある人が「私の保険はその請求をbalkしている」と言いました。
わたしは「balk」 という単語を知らなかったので、辞書で調べました。


It says that it is to refuse to do something. It also says it is used in baseball when someone stops in the middle of the action of throwing the ball to the player who is trying to hit it.

辞書には、「何かの行為を拒否すること」と書いてあり、また、「野球の用語で使われる。バッターにボールを投げようとして、途中でやめること」

Wow, Balk! I knew the word as a baseball rule, maybe for more than thirty years. But I didn't know the meaning as a daily English word. I was very surprised! I knew it but I didn't know it!

うわ~。ボーク!知ってましたわ、野球のルールとして。たぶん30年以上、知っていたのに・・・。
普通の日常生活の英単語だったのか。驚き!
知っていたのに、知らなかった。
その人は、治療費の支払いを保険でカバーできないと嘆いていたんです。


cover もそのとおりの意味で使います。これはよく聞きます。
My insurance doesn't cover the bill.

ところで、
今週は、全国的にとても寒いようです。
そんな寒い日の朝にこの一言。

おかやんのブログ








スポンサーサイト

学びたい放題 All you can learn!

つれづれの英語エッセイ
01 /09 2018
Almost 10 days are already going to pass 2018.
It's not a big deal to me.
Yesterday's gone and Tomorrow is coming.
Last week ended and next week will start.
The old year closed and the curtain of another year will open.

新年になりましてほぼ10日になります。
私にとっては、何も大したことではありません。
昨日が去り明日が来る。
先週が終わり来週が始まる。
1年が済んで、また1年、次の幕が開く
といった具合です。

I heard some interesting stories at the beginning of the new year.
しかし、今年はのっけから面白い話が聞けました。

One of my friends visited us from Canada on the fourth of the new year.
He is a Canadian and told me that the number of Asian people in Vancouver is increasing and now there are more Asians than the white people. He seems to enjoy all the different aspects of life whether they are good or bad.

年明けの4日に友人がカナダから我が家に遊びに来ました。彼はカナダ人で彼の話ではバンク―バーに居住するアジア人が増えて今や白人より多いということです。彼は多様性のある生活を良いことであれ悪いことであれ、楽しんでいるようです。


Next day I talked with my American friend on the phone. and he said that his friend, a Jewish person went to the barber and got her haircut. The beautician was a Germany person. then she felt weird. I took it as a joke, of course. It sounds a kind of non PC.
翌日、アメリカ人の友人と電話で話しました。彼のユダヤ系アメリカ人の友人が散髪屋に行って、髪を切ってくれたのがドイツ人の美容師で、何かしら奇妙な感じがしたという話でした。もちろん、ジョークです。non political correct みたいな。


Yesterday I read some essays on the site called "italki" which anybody who learning second languages can post an essay and have it corrected by native speakers for free.
In the essay I read, which was written by a Scottish person, he says Japanese people seems to think England is a country whic is
the whole island of Britain and people there all English men. But he is not an English man but a Scottish man. I have a room to talk about it deeply though, in short, he cares about his identity.
 昨日、italki という言語学習のサイトを読みました。そのサイトは自分の母国語以外で作文を投稿して、ネイティブに添削してもらいます。無料です。私が読んだ作文は、スコットランド人が書いたもので、彼が言うことには、「日本人はiイギリスをブリテン島全部と思っていて、そこの人は全員イギリス人と思っているが、私はスコットランド人でイングランド人ではない」ということです。もっと深く話すこともできますが、手短に言うと、彼は自分のアイデンティティーを大切にしているという話です。


日本人が言うイギリスは、連合王国を指しますが、連合王国はスコットランドも入っています。イングランドで生まれた人がイギリス人で英語を話します。彼はスコットランドで生まれてスコットランド語を話す,スコットランド人です。イギリス人ではありません。
ちなみに、イングランド生まれの人もスコットランド生まれの人も、共通の呼ばれ方いわゆるBritish people を好まない人がいて、
それぞれ区別して、English、 Scottish と自ら言う人が増えてきているらしいです。

This morning one of my friend, a Vietnamese person who studies at Osaka University , texted me that he was going to enter Tokyo Industrial University from April. This young man is moving forward in his life. Congrats.
今朝、友人のベトナム人からメールが来ました。彼は今、大阪大学に行っていますが、4月から東京工業大学に行くということです。この青年は自分の人生を進んでいる。おめでとう!



私は、特になにも真剣に考えて生きていないけれど・・・
でも
いろいろな国の人の話を聞いて
様々な分野について学んでいます。

I'm enjoying learning all I can.
Until the brain is dead

学び放題、脳死まで。


All you can eat 食べ放題もあれば
All you can learn 学び放題もあるね! \(^o^)/




追記:
~人と言うときは、a Japanese ではなくて、a Japanese person とか、an English person と言った方が丁寧だそうです。
.









Let it Go.

つれづれの英語エッセイ
10 /16 2017
On the day, I had a work to write some with the computer but I really didn’t feel like doing it.
I was so fed up with using the computer.
Even my eyes were hurting from watching the screen for long periods of time.
I thought I needed to escape from these electronics, my computer and smartphone,
then I left them on the desk on purpose and went out, not knowing where I would go.
First, I thought I could go to Kyoto or Nara but, it was Sunday so it must have been crowded everywhere.
I love Kyoto but I don't like such busy time.
I couldn’t remember any quiet places to escape to except for the library, anyway.

When I walked in, there were some people in the room.
I felt something different when I saw them.
I got it at once.
Nobody was peeking at the gadgets like smart phones or tablets.
They all were reading the books. It was normal atmosphere.
It seemed that I had forgotten people can read without technology.

After a while, I felt hungry and looked at the clock on the wall.
It had been three hours since I started reading a book.
I said to myself, “I really feel good.”
If I had used a computer for three hours, I would have been exhausted and had a headache.

I learned how comfortable letting technology go once a while can be.
Let it go. Let it go.

その日、私はパソコンで書く仕事があったのですが、
全然やる気がありませんでした。
パソコンを使うことにうんざりしていて、長時間パソコン画面を見るせいか目が痛くさえありました。

パソコンとスマートフォンから逃げなければと思い、
わざとそれを机の上に置き去りにして、
いく当てもないまま出かけました。

京都や奈良にでも行こうかと思いましたが、
日曜日だったので、そこらじゅう混雑しているだろう、
私は京都が大好きですが、混雑時は嫌いだし、
とにかく、
図書館以外の静かな避難場所が思い出せなかったのです。

入っていくと、
部屋には数人いました。
その人たちを見た時、何か違和感を感じました。
しかしすぐ気がつきました。
だれもスマートフォンやタブレットなどの機器をのぞき込んでいないことに。
全員が本を読んでいました。
図書館では普通の光景です。
私は、
人間がテクノロジーなしで何かを読めるということを忘れていたようです。

しばらくして、お腹がすいたなと思い、壁の時計に目をやると、
自分が本を読み始めて3時間たっていました。

「ほんと気持ちいい」と、ひとり言。

もし3時間パソコンをしていたならば、
疲れ切って頭が痛くなっていたでしょう。

たまにはテクノロジーを手放すのも心地いいものです。
Let it go.  レリゴー レリゴー  手放しちゃぇ~

(たまに・・はね。)



************

アメリカ人に添削してもらいました。
前置詞を訂正されました。

ほんと、
前置詞って、小憎らしい人たち。

例えば、
比べてみよう。

短い単語(前置詞)
1.at
2.to
3.in

長い単語(名詞)
4.disinclination 
5.extemporasiness 
6.claustrophobia

1・2・3は、
七変化するかのような使い方と意味合いをイメージで捉えないといけない。
よく出没するから捕まえれそうなものだが、
その手足だけ掴んでるだけ。
スルッとかわされること、多々あり。
あ~また逃げられた!みたいな・・・。

4・5・6は、
ほぼ一つの意味しかない。
捕まえる必要もない。
辞書の中に大人しく並んでいる。
必要なときにちらっと確認するだけ。


ちなみに、意味は
4.嫌気
5.即席
6.閉所恐怖症
以上、辞書で、長い単語を見つけました。(笑)
全く知り合いでも馴染みでもありません、こんな人たち。



長い間、お知り合いのはずの
前置詞さんよ、

いつになったら
私に
なついてくれるの~~?

ほんと、
小憎らしいわね。





ベートーベンのメッセージ

つれづれの英語エッセイ
10 /02 2017
ベートーベンの曲が好きなので、英語で書いてみました。


It was a message from him. "I understand you. I know how hard your life was. I know how much you made effort. Now, don't worry. I know you can stand up again and step forward." It made me cry and cheered me up.
It was the string quartet no.15 by Beethoven. It composed in 1825 and came to me. I received his messages of music. You might be receiving his messages one day somewhere or might have gotten them already.

それは彼からのメッセージだった。
「君のこと、わかるよ。大変だったね、とても努力したのも知っている。もう心配しないでいいんだよ。君が立ちあっがて前に一歩進めるって僕にはわかる。」私は泣いた、そして元気になった。
そのメッセージとは、ベートーベンの四重奏曲15番である。(15番第3楽章)
1825年に作曲されて、わたしのところに来た。そう、わたしは彼の音楽のメッセージを受け取ったのである。
あなたもいつか受け取るだろう、いや、もうすでにどこかでもらっているかもしれない。

Beethoven wrote more than one thousand and six hundreds. It is said because he was a deaf, he had to write messages for communication and also there was no tools other than letters to send messages. You might have learned at school about his famous letter, "Heiligenstädter Testament”.
ベートーベンは1600以上の作品を作曲した。彼は耳が聞こえなかったので、字を書いて会話していた。しかもその時代には手紙以外、メッセージを伝える道具もなかった。あなたは学校で、ベートーベンの有名な「ハイリゲンシュタットの遺書」について習っているかもしれない。

Nowadays, it is said that generally, especially among young people, they text more than one hundred a day.
I'm not exceptional either. I'm not young but I text my friends quite often.Now, I think how much I cherish the words, choose and write them when I send to my friends.

近頃は、一般的に言われていることだが、若い人は1日に100以上メールをやり取りする。私も例外ではなく。若くはないが、かなり頻繁にメールを送る。
今、思う。友人にメッセージを送るときに、その言葉を大切に考えて選んでいるだろうか。

***********
この私の拙い英語を、イギリス人が添削・校正してくれました。いやはや・・・美しい文になりました。

I was hearing a message. It was from him, to me, it seemed. In the message, he said "I understand you. I know how hard your life was. I know how much effort you've made. Now, don't worry. I know that you can stand up once more and go on." It made me cry, and it cheered me up. But this message was no letter; it was the Quartet in A minor by Beethoven. It was composed in 1825. But through the endless years it came, at last, to my ears. I received his messages of music. You might receive his messages one day, somewhere; or you might have heard and enjoyed and understood and been healed by them already.

Beethoven wrote more than 1,600 messages. It is said that, because he was deaf, he had to write messages for communication. Besides, in those days there was no other means to send a message than to write a letter. You might have learned in school about his famous letter, "Heiligenstädter Testament”.

Nowadays, it is said that a young person sends more than a hundred texts a day. Unlike Beethoven, I'm not an exceptionally prolific sender of messages. Nor am I like those young people with their faces glued to their phones. But, even so, I do text my friends quite often. And I think how much I cherish those words, both sent and received, that have been carefully chosen and carefully written. And either sent from a friend to me, or sent by my hand to a friend. Each message a few delicate and pleasing and healing notes like humble, personal, little string quartets.

最後の部分は書き足してくれました。
今、思う。私が書くときも相手からもらったメッセージも言葉をどれだけ大切にしているだろうか。
それぞれは(私からの、と相手からのメール)、
この控えめな、そして自分の、小さな四重奏のように
優しく、喜ばしく、癒すような言葉になっているだろうか。

*********

読んで頂いた方に心より感謝いたします。
ありがとうございます。

お時間あれば、
四重奏15番第3楽章をぜひお楽しみください。
本当に美しいです。

17:42~









9月22日に生まれたもの

つれづれの英語エッセイ
09 /22 2017
今日の私の誕生日に

ふと思うこと。

過去の9月22日に生まれた生物は
地球上にどれだけいるのだろうか。

今日の9月22日に誕生した生物は、
人間か動物か魚か花か樹か昆虫か、蛇かカエルかクジラか・・・?

確認してみたい。
数えきれないと思うけど。

それぐらい壮大なことを妄想すると、

あれ、私って
小さくてまだ子どもみたいね、かわいい生き物やん

と思える。

ラッキー。



地球規模から見ると
本当に小さな私だけど、
大きな「愛」という気持ちは
持っている。

「愛」について書きました。
「川のように」というタイトルですが、
美空ひばりの歌ではありません。(笑)


Like a River

People say that life is like a river. Some are long and others are short. Some are wide and others are narrow.
One day, rain waters the river with beautiful, quiet drops
Another day, rain destroys the river with tremendously fierce power.

My river,
I was narrow and running hastily. I seemed to be very energetic and ambitious.
Sometimes the fish inside might have been hurt by the strong stream and no one came by for water.
One day, I almost became dry and looked up to the sky and cried, asking for water.
Next day it didn’t rain. A small bird came from somewhere and asked for water even though I was going to die.
I endured and stayed there to help the life of the small bird. It became cheerful and flew away.
I was almost faint and looking at its beautiful back. It was as if I had a dream.
Three days later, it finally rained.
It watered my thirst and washed away my arrogance, tiring and sadness.
The pure drops wrapped around me softly and tenderly.
I got my life back. and heard the small bird's whispering in my ear.
"To live is to give your love out and let others in."

I’d like to be a river at which a small bird or a big eagle would take a rest, ask for some water and fly away and come back again if necessary.

Where there is love, I'll be there.

このエッセイを書いている時、頭の中で自然とこの歌が出てきて涙が出そうになりました。
55過ぎて、涙もろくなりました。


9月22日に生まれたすべての人、生き物、そして
私自身にこの歌を贈ります。おめでとう、愛しているよ。




ちずこママ

ふつうのオバサンです。よろしくね。
英語で何かするのが好き。読む書く話す聞く見る。人の考えを聞くのが好き。Talking with people all over the world is fun and you can learn something new from them, telling what you know to them as well. That's the reason I can't stop learning English.